メニュー

ブログ

親父のキャッチボール

14年05月27日

 

 

 

2014年5月27日(火) 肥塚

 

 

 

 

この春から、小学校5年生の長男が野球を始めました。

 

 

 

「息子とのキャッチボールが父親の夢」とばかりに、それこそ3歳ぐらいからボールやバットを持たせてみましたが、

 

 

 

この世代はサッカーブーム。父親が付き合う(付き合ってもらう)以外は、友達同士で野球をやることは皆無でした。

 

 

 

学校は『バット禁止』。公園にもボール投げ禁止の看板。

 

 

 

どらえもんののび太、ジャイアンたちが、空き地で野球をやるような子供たちの姿は、この辺りではまず見られません。

 

 

 

そもそもボールが民家のガラスを割るようなことがあれば、市に苦情が寄せられるような時代でもあります。

 

 

 

息子の野球への興味は、いつしか親父の無理強いになってきてました。

 

 

 

そんな中での息子の意志には心もとないこと限りないのですが、入団から一ヶ月、楽しくやっているようです。

 

 

 

因みに野球をしている姿から、『なぜ上手にならないのか』ということもわかってきました。

 

 

 

ボールを投げる、バットを振る以前の基礎的な体の使い方の粗さが、浮き彫りになります。

 

 

 

これは、肩こり・腰痛はユガミから、ユガミは姿勢から、という話に通じています。

 

 

 

とはいえ、わかってても子供にさせるのは至難の業。

 

 

 

少なくとも楽しんで、そして上手になってくれればと、自分の気持ちを抑えて我慢していますが、

 

 

 

そのうちキャッチボールも、私は相手にならなくなるのでしょうね。

 

 

 

野球

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログに戻る≫≫