メニュー

blog

ブログ

下からの少子化対策

20年09月22日

秋の4連休最終日。

みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

新政権の目玉の一つに、不妊治療の保険適用が出てきました。

その高額な治療費に若い世帯の経済は疲弊し、

途中もしくは最終断念させられるケースも少なからずあります。

少子化対策と、歓迎されても否定されることのない目的にあって、

世間の注目は集まります。

 

しかし、

最終的には授かりものとして結果にコミットしない不妊治療が、

保険適用になれば懸念されることはないのでしょうか。

 

今日の産経新聞の12面。

Q卵巣未分化胚細胞腫、残存卵巣を切除すべきか

読者からの相談に医師が答える紙面4分の1強を占める記事を見ました。

 

https://www.sankei.com/life/topics/life-36635-t1.html

 

主題の始まりから経過が説明されている中で、

腫瘍のある卵巣の反対側の『卵巣茎捻転』があったという記述。

「卵巣茎捻転は、卵巣の栄養血管が通過する卵巣間膜が360度ほど、何らかの原因でねじれるもの」

 

ついこの間、

施術の中で、この何らかの原因について患者さんとお話しする場面がありました。

 

整体・カイロの現場では、

股関節のトラブルが卵巣への影響を感じることが、実に多くあります。

内科と整形は全く別れているので、医療の現場で相関関係を指摘されることはありません。

卵巣を診る婦人科は、卵巣を診て股関節を診ることはなく、

股関節を診る整形外科は、股関節を診て卵巣を診ることがないからです。

 

しかし、

私たちが感じる股関節から卵巣への影響というのにも問題があります。

医学的根拠やエビデンスというものがそもそもありません。

 

経験的に培ってきた私たちの感覚を根拠とできるのは、

患者さん側の理解があってこそなのですが、

この方も左の股関節のトラブルがあったことは想像に難くはありません。

そして、2月に内科クリニックで便秘と診断されたもっと以前からそれはあります。

腰痛や股関節の周囲の疲れやすさなどですが、

ご自身では気が付かないうちに内科的に影響し続けるものです。

 

将来的な妊娠・出産のためにはもちろんですが、今現在お悩みなのであれば、

整体・カイロも考えるというのは、決して非合理的ではないと思います。

家計にも国の財政にも、なにより身体の負担面で・・・

 

言いたいことがたくさん出てきて、

肝心のテーマから外れて終わってしまいました。

テーマの結論は、

保険適用で、受診ハードルが下がるのはいいことばかりではないのかもということです。

自分自身の身体のことを将来のこととして考えていくこと。

これが安易にならなければいいのですが・・・

これは肩こりではなかった!

20年09月07日

施術の現場では、目からウロコということが珍しくありません。

普通だったことが普通でなくなるからです。

 

先週にお見えになった方の主訴は、

慢性的な左の肩こりでした。

 

肩こりは、こちらに見える最も一般的な主訴です。

が、左側だけそして痛いとなると、これは一般的ではありません。

 

本人は、もう何年も(何十年という人はまた別)この状態で、

みんなこんなものなのかと・・・

だとしても、ちょっと今つらすぎるし・・・

今からこのつらさだと先が思いやられる・・・

 

症状に対するその人の評価と、診る側の評価が違うことがあります。

身体の感覚は、人と比べることができませんが、

診る側は、正常、通常、自然と比較して判断します。

 

今回の方は、一般的な肩こりいうよりも、

左側の支持機能の低下→肩関節の亜脱臼からくる首・肩の痛みだと判断しました。

支持機能の低下は、見た目、触診に加えて、

10年前の左膝の怪我ということで、確定とさせていただきました。

 

 

 

 

 

エコバッグ使ってみました。

20年08月27日

仕事中の買い物は、大体がレジ袋が必要なくテープで済ましてたので、

有料化になってもさほど困らないかと・・・

 

でも、手づかみで持って帰るのも恥ずかしいぐらいになってきて、

エコバッグを買いました。

しかし、買い物に行くのに財布だけ持って出て、置いてけぼり。

何度か店で「しまった・・・」を繰り返して、

ようやく今日、初めて活用できました。

 

店員さんも、それらしきものを手に持っていると、

「レジ袋は必要ですか 」というのもなく、

「いらないです」という返事もいりません。

 

サービス業的に、店員さんとどれだけスムーズにスマートに気持ちよくやり取りできるかは、

とても気になります。

店員さんは、同じ仲間ですからね。

 

肥塚

 

 

 

子供の抱っこで気を付けたいこと

20年08月04日

この間、道を歩いていると前から子供を抱っこしているお父さんが見えてきました。

 

 

2歳から3歳ぐらいの男の子で、抱っこ紐ではなく、手荷物もありました。

 

これぐらいになっても子供は抱っこしてもらいたいし、

 

どこかに向かうとなると、子供の足でのんびり歩くより抱っこした方が早い。

 

そんな感じの親子とすれ違ったときに、子供が何やらつぶやいています。

 

「くーつー、くーつー。 」

 

 

何も考えずほほえましく聞いてたのですが、

 

少し先に小さな靴が落ちているのが見えました。

 

振り返ると子供が目でその方向を見ています。

 

あわてて靴を拾いに行き、お父さんのところまで戻りました。

 

 

足をぶらぶらさせて靴を落としてしまうことを、

 

子供のこととしてほほえましく思えるのも、

 

そんな時期をとおに過ぎてしまったからでしょう。

 

 

楽な抱っこの仕方とか、いつまで抱っこすればいいのかという、

 

そんな話でなくてすみません。

 

 

肥塚

 

腱鞘炎、ばね指、弾発指。

20年07月28日

タイトルの症状が、40代以降の女性に起こりやすいのですが、

最近、何の理由かわかりませんが、集中してお見えになってます。

 

この症状が出る方に多い特徴があります。

それは、グーのつくり方と指の伸ばし方です。

 

正しくはグーは、他の4本の上から親指をかぶせるのですが、

よく親指が他4本指の中に入る方がいます。

また手を開く(指を伸ばす)のに、反り過ぎる方も特徴的です。

 

手を開いたり、閉じたり、あまりどうやってやっているか考えたこともないと思いますが、

この症状の根本的なところは、普段からどうやって手を使い、物を触っているかが、

40年、50年にわたって行われてきたことです。

 

使い過ぎというのは、その使い方の中で、起こることなので、

同じ職場や同じことをしててもならない人はなりません。

 

厄介なのは、症状が出てからしか手の負担に気づけないこと。

手や肘から先の腕などは、かなり疲労が蓄積しても肩こりのように感じないものです。

 

当院では指・手首の矯正と手の平の筋肉・筋膜を緩め、

肘や肩、首までのつながりで施術を行います。

また、使い方を改めて知っていただくとスムーズに改善していきます。

『市中感染 』に気をつけろ!?

20年07月16日

感染拡大警報が響く中、今日も東京の感染者数が過去最多を更新とこと。

 

クラスターという個別集団内での感染で火が付き、

市中感染が広がっているとの見方をされています。

 

ただ、これに気を付けないといけないと言われても、

今の対策から変えていく何かは特に目新しいこともないようです。

 

専門家が最後に言うことも変わるところなく、

マスクしっかり、3密を避けて、手をよく洗いましょう。

これらは第一波の際から、言われて来たことです。

 

せっかくとりあえずこれだけ守ってたら大丈夫な感じでやってきたのに、

一部個人が経済活動と称して守らないといけないところまでルーズになったために、

クラスターを中心に感染拡大は始まりました。

そして、市中感染という簡単な言葉で、一部の人たちだけでないよと

また締め付けを強めないといけなくなりました。

 

でも、それまでやってきたことに何かを付け加えることがないのなら、

大丈夫な場所は大丈夫だし、大丈夫な場面は大丈夫。

そして大丈夫な人は大丈夫なのだと思います。

 

肥塚

問い合わせる

20年07月14日

お電話でのお問い合わせというのは、色々な方がいて、

どれだけその人の疑問に答えられたのか、今でも反省することがあります。

 

私は、どこかに電話で問い合わせるとき、

何かしら調べているけれども、全部を見て自分の疑問を解決するよりも、

聞いた方が早いと思うタイプです。

 

疑問の内容がはっきりしていれば、シンプルに聞いて終わりですが、

聞きたい事がぼんやりとしたまま、電話してしまうこともあります。

そんな時でも、対応してくれる方が、ぼんやりをスッキリ解決してくれると、

素晴らしいなと感激してしまいます。

 

この間、当院へのお問い合わせに対応したときのことです。

若め女性の声で、「リラクゼーションはやっていますか?」。

 

特に症状の改善を主としない要望にも、

ツカレトリコースとして女性スタッフが対応するようになっているのですが、

たぶん、この方の求めているのは明かりを落とした間接照明やアジアンテイストの雰囲気、

ヒーリングのBGMでのんびりウトウトという感じだと思いました。

 

この方とは、率直にざっくばらんにお話が出来たので、

お互いのイメージをすり合わせることができた・・・と思います。

その場での予約にはなりませんでしたが・・・

 

お問い合わせも接点として、大事にしていきたいと思います。

 

肥塚

 

 

 

 

 

 

 

 

正しく恐れる・・・②

20年07月12日

もしコロナに罹ってしまったら・・・

 

インフルエンザよりもつらい病床で、

重症化するのではないかという不安はもちろん、

つらいときにはネガティブになるもので、

もしかしたら死ぬのではないかと思うのかもしれません。

 

NHKスペシャル「タモリ×山中伸弥 人体 VS ウイルス~驚異の免疫ネットワーク~」

 

この間やっていた番組のお話を患者さんがされていて、

ウイルスに侵入に対応する免疫の作用の仕方が、

とても分かりやすく説明されていて、感銘を受けるほどだったそうです。

 

もしコロナではなくとも発熱の際には、ただつらい苦しいだけでなく

免疫が戦っているイメージがこの方の頭には浮かんでくるでしょう。

そして、それが少なからず精神的に作用して、治り具合も違うのではないかと思います。

 

分からない、知らないことが怖さになっているコロナ渦です。

垂れ流される情報に振り回されることもありますが、

基礎的な知識が怖さを軽減してくれることは確かです。

 

肥塚

 

正しく恐れる・・・

20年07月10日

たまに患者さんのお話でハッとさせられます。

 

『在宅で自粛生活で、身体が回っていない感じだから、

今年の健康診断はよくないかも(^-^; 』

 

この健康に仕事で携わる以上、

一般の皆さんよりも健康への意識は高く持たなければなりません。

でも、普段この身体で生活をしているのは皆さんと同じです。

私たちと同じ感度をもって物事を見て考えていらっしゃる方は、

一般の方でも少なくありません。

 

この方は続けて、

 

『コロナよりもこの新しい生活様式とやらに影響される身体の方が心配だ・・・』

 

特に普段から運動していない人が、

行動制限をさせられるとどうなるか。

 

運動不足がたたるどころの話ではありません。

必要最低限の行動量が賄えない生活が何か月か続いただけで、

健康状態に響くのであれば、

自覚のないままにそれが何年か続けば、

簡単には元には戻せないところに行ってしまいます。

 

現在進行形で、コロナのリスクというのを、

行動制限によるところの将来的な健康状態と考えられる人は、

コロナを正しく恐れている人だと思います。

 

肥塚

 

開院記念のお花が届きました(^^♪

20年07月04日

こんなコロナの最中に、気遣ってくれるお気持ちがありがたいです。

それに応えるべく、この状況にも前を向いていきたいと思います。

 

朝霞で開院し、12年が経ちました。