メニュー

ブログ

坐骨神経痛とは?

16年05月17日

 

2016年5月17日(火) 肥塚

 

 

四十肩と並んで、これほど広義に使われる名前も他にありません。

 

厳密に言うと、坐骨神経がその通り道のどこかで圧迫を受けて、

 

痛み・しびれが、その先、例えば足先、踵、ふくらはぎにも及ぶことをいいます。

 

腰仙骨神経叢

 

 

足の親指がしびれて、整形外科に行くと、

 

腰のレントゲンを撮って、腰椎や椎間板の状態を確認するのは、

 

背骨の中にある神経の束・脊髄が、背骨を出て足に伸びるその箇所に、

 

問題があるはずという決めつけに近いものがあります。

 

神経の通り道上で、圧迫するポイントは、他にもあったり、

 

圧迫ではなく、牽引でしびれは起こっているという見方があります。

 

 

 

今日、こられた70代女性の患者さん。

 

足裏のしびれ、お尻の下のほうのつれている痛みが3年ほど続いています。

 

整形外科でお薬を4種類服用し、

 

内視鏡での手術を行くたびに勧められるのが嫌で、来院されました。

 

農家の方だということもあって、相当腰に負担を掛けてきたようです。

 

症状の出ている側の骨盤・股関節は勿論、歪んでいます。

 

でも、その年齢にしては、まだ歪み方は酷くなく、

 

関節の動き方、筋肉の反応は、決して悪くありません。

 

施術すると、症状が少し緩和されました。

 

 

 

手術を勧められるような状況が、マッサージ・整体・カイロプラクティックなどの手技で、

 

緩和されるなら、患者さんは手術をしないでしょう。

 

それでも、どうしてもよくならないと感じ、日常生活にも支障が出てくると、

 

手術を考えます。

 

坐骨神経痛といわれたとき、

 

それは手術しか方法がないと考えるのではなく、

 

近い将来に耐えがたい痛みになり手術になる前に、

 

それを避けるべく、自分に合った手技療法を探すことが、

 

よりよく人生を送るコツだとは、けっして大袈裟ではないと思います。

 

 

 

 

ブログに戻る≫≫