メニュー

ブログ

子供に整体が必要な時

13年06月13日

 

 

2013年6月13日(木) 肥塚

 

 

 

体のユガミは、その人の(静止を含めた)動き方そのもので、

 

 

幼少期から10代を経て、20代でその人のユガミが完成に至ります。

 

 

思った以上にユガミというのは、歴史あるものなんですね。

 

 

 

 

『子供のころから肩こりを感じていました。』

 

『子供の時には、既に頭痛持ちでした。』

 

 

これは、大人の患者さんで、症状がひどく、ユガミも厄介になっている方からよく聞かれます。

 

 

 

 

では、子供の時に整体に行っておけば大丈夫なのか?ということですが、

 

 

肩こりや頭痛が子供の頃にあるということは、ユガミ形成のプロセスが極端であると言えます。

 

 

非常に柔らかい筋肉で、活発に動き回る子供には、大人のような肩こりや頭痛が発生する要因ないはず。

 

 

ユガミ形成のプロセスが極端である原因は、整体で見出せる可能性があります。

 

 

 

 

 

大人になるまでのユガミ形成のプロセスにおいて、

 

 

少し間違った方向に行こうとしているのが、肩こり・頭痛に表れているということなので、

 

 

その方向を変えていくのは、将来にわたって価値あることに間違いはありません。

 

 

もちろん冒頭、動き方そのものについても、子供なりに教えていく必要があります。

 

 

 

 

因みに私は、自分の子供たち(小4・男と年中・女)に姿勢や動作を(極力うるさくなく)教えているのですが、

 

 

意外に素直に自分で意識しているようです。

 

 

 

『お父さん、こうでしょ!』

 

 

 

と得意げになるぐらいですから・・・

 

 

 

 

☆___________________________________________________________

朝霞市で整体探すなら、『ぼきぼきしないでよくなる整体』【からだすまいる本舗】

___________________________________________________________☆☆

♪2013年OPEN!兄弟店『からだすまいる上板橋』https://karada-smile.com/♪♪

 

 

 

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

整体やカイロプラクティックは、価値観やライフスタイルです。

 

肩こりや腰痛が改善することのその先には、いかに自分の身体が大事であるかということを思い知らされます。

 

それは、いったん不自由になった身体を経験し、

 

一生付き合わないといけないのかと、打ちのめされている人ほど痛切です。

 

からだすまいる本舗では、そういった患者さんたちが、

 

それまで不自由だった身体を取戻し、失われた時間を取り戻す姿を数多く見てきました。

 

そして、その後の人生を生き生きと過ごしていらっしゃる患者さんは、周りの方々をも幸せにしています。

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

 

ブログに戻る≫≫