メニュー

ブログ

『ストレートネック』に”注意”。

13年01月21日

 

 

2013年1月21日(月)

 

 

昨年、『ストレートネック』という言葉が頻繁にメディアに取り上げられました。

 

それに比例して、当院でも「整形外科でストレートネックと言われました。」という人が増えました。

 

業界に携わる人間には目新しい言葉ではないのですが、

 

それだけに「なぜ、今こんなに言われているのか?」という感想です。

 

 

 

これまで、肩こりや首こりのひどい症状は、レントゲンでは異常が見当たりませんでした。

 

年代が40代以降、ヘルニア(気味)や骨の間が狭まっているという所見もでてきますが、

 

これらは加齢要因であることを指摘しているともいえます。

 

それがここにきて、若い人中心に首こり・肩こりにつながるレントゲン所見として、

 

『ストレートネック』が登場してきました。

 

 

 

”注意”したいのは、この所見が出た時に、何か処置をするのかということです。

 

「首のカーブがなくなっている状態だから仕方がない」というニュアンスとして『ストレートネック』が使われるなら、

 

患者さんにとって不利益であることは間違いありません。

 

 

 

首の骨がカーブを失い真っ直ぐであるというのは、筋肉が固まっているというより、

 

『仕方がない』ニュアンスに強く振れてしまいやすいことに注意が必要です。

 

 

 

ストレートネックであろうが、首こり・肩こりの改善は可能であることを、

 

知識として持って頂きたいと思います。

 

 

☆___________________________________________________________

朝霞市で整体探すなら、『ぼきぼきしないでよくなる整体』【からだすまいる本舗】

___________________________________________________________☆☆

♪2013年OPEN!兄弟店『からだすまいる上板橋』https://karada-smile.com/♪♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログに戻る≫≫