メニュー

others

その他

ご転入のみなさまへ

21年04月13日

朝霞市へようこそ、お越しくださいました。

お引越しや新たな環境へのご対応ご苦労様です。

 

みなさまの中には、

「それまでにマッサージや整体などに通っていたけど、また新たに探さないと…」

とこのサイトにたどり着いた方もいらっしゃると思います。

 

せっかく覗いていただいたついでに、

当院がみなさまにとって興味深いポイントを簡潔に3つまとめましたので、

ぜひ持って帰ってください。

 

①9割以上の方が、自分のニーズに当てはまります。

症状の軽重に対してコース(担当者)を分けてご用意しているので、

みなさまのご要望に対してのストライクゾーンが広いです。

 

②therapist’s studio という形

一戸建ての1Fが、からだすまいる本舗。

2Fは個室が二部屋あり、それぞれセラピストが独自で運営しています。

アロマトリートメントサロン ゆるり http://yururi.la.coocan.jp/

女性のための整体院 LuLucare https://www.asaka-seitai.com/

 

③朝霞でながーくご利用頂いています。

開院から13年となりましたが、取り巻く状況がめまぐるしく変わっても、

おかげさまで安定して続けて来られました。

特にコロナ過にあっては、支えていただいた地域に、

より一層貢献していく決意を新たにしました。

 

 

以上、とりあえず3つ挙げさせてもらいました。

でも、どんなところなのかはみなさんの厳しい目でご判断くださいね。

 

代表・肥塚

第4波来る!

21年04月01日

こんにちは。

コロナ過で苦境に喘ぐ業種がある中で、整体業は、

条件的には免れていると思います。

 

昨年の緊急事態宣言の時には、

『濃厚接触』が一番のリスクのように思われ、密閉・密集・密接も、

整体業には当てはまるイメージでした。

 

この一年で捉えられるリスクは様変わりし、

会食、特に飲酒を伴う4人以上の会食というかなり限定的なものとなりました。

そして、リスクが限定されるに伴って、恐怖は薄れてきた感じです。

そこに年度の変わり目が来ました・・・

 

変異株の検出が進んでおらず、陽性者に対しての割合が分かっていませんが、

仮に今3割や4割は変異株であるとなると、第4波は第3波を容易に超えてくる可能性があります。

 

冒頭の通り、

当院は先の緊急事態宣言でも影響は限定的でした。

条件的にリスクに当てはまらなくとも、もちろん感染対策を怠ることはありません。

換気モニターを常にチェックして、

院内のCO2濃度を常に1000ppm以下(厚労省推奨)にしております。

気温が上がってくると、実は窓・ドアを開けても換気効率は悪いことが分かってきました。

冬は、隙間風がナチュラルに換気をしてくれてたんですね。

 

みなさまには、安心してご利用頂きたく思います。

ミモザリースが届きました♪

21年03月16日

卒業式、卒園式のお話がたくさん出てきて、

桜の開花宣言のニュースも聞こえて、

冬はすっかり春に変わりました。

 

からだすまいるの店内も少し飾り付けを変えてみました。

ハンドメイドのサイトを見ていると、

素敵な感じのものが困るぐらいにたくさん出てきましたが、

ミモザのリースにしてみました。

 

菜の花を見に行くのが好きで、

よく房総に行ったのを思い出します。

 

 

2回目の緊急事態宣言で、変わること変わらないこと。

21年01月11日

2回目の緊急事態宣言がでました。

1回目の時との大きな違いは、コロナへの認識だと思います。
自粛要請の範囲にそれは表れています。
1回目の時には、当院もどうすべきかとても悩ましかったのを思い出します。
それに加えて今回に関しては、業界的にも全く考えないで済んでいます。
今回もその範疇に入る業種の方々には申し訳ないけれども、
とても救われている事態です。
緊急事態宣言といっても、
個人や店舗での対策というのは既に確立されています。
秋ごろの札幌で感染拡大が起こった原因の一つに換気がありました。
先駆けて寒くなった地域で、換気がおろそかになっていったという推測です。
厚労省が掲げている換気の目安というものがあります。
二酸化炭素濃度1000ppm以下
当院では、これを測って換気の実行率を維持しています。

拡大が止まらない

20年12月22日

2020年も後10日ほど。

12月に入ってから、政府の呼びかけにも関わらず、事態は好転しないまま、

今年は終わりを迎えることになりそうです。

(ヤフーニュースで本日、東京火曜日最多ということです)

 

年末年始のお休みも、皆さん予定もなく過ごされる方が多い感じです。

私もそうですが、毎年恒例の帰省がなくなると、

どう過ごしてよいか考えてしまいます。

 

ただ巣ごもりも、お正月らしいかもと思い始めました。

テレビの音とともに、おせちをつまみに飲んだくれる・・・

自宅で過ごすのは初めてかも。

 

みなさまの感染対策のお正月はいかがですか?

 

今年も後2ヶ月

20年10月31日

 

10月31日。ハロウィン。

ここ何年かは渋谷の様子が楽しみでしたが、

今年はさすがに騒ぐ雰囲気ではないのでしょうか。

 

気がつけば今年もあと2ヶ月で、

最後までコロナ騒動で終わってしまいそうです。

 

変わり映えのない、いつもと変わらない日々も、

人生の大きなライフイベントをこなしていく日々も、

同じく時は流れていきます。

 

 

思いがけず、患者さんに気を使わせてしまいました。

エコバッグ使ってみました。

20年08月27日

仕事中の買い物は、大体がレジ袋が必要なくテープで済ましてたので、

有料化になってもさほど困らないかと・・・

 

でも、手づかみで持って帰るのも恥ずかしいぐらいになってきて、

エコバッグを買いました。

しかし、買い物に行くのに財布だけ持って出て、置いてけぼり。

何度か店で「しまった・・・」を繰り返して、

ようやく今日、初めて活用できました。

 

店員さんも、それらしきものを手に持っていると、

「レジ袋は必要ですか 」というのもなく、

「いらないです」という返事もいりません。

 

サービス業的に、店員さんとどれだけスムーズにスマートに気持ちよくやり取りできるかは、

とても気になります。

店員さんは、同じ仲間ですからね。

 

肥塚

 

 

 

子供の抱っこで気を付けたいこと

20年08月04日

この間、道を歩いていると前から子供を抱っこしているお父さんが見えてきました。

 

 

2歳から3歳ぐらいの男の子で、抱っこ紐ではなく、手荷物もありました。

 

これぐらいになっても子供は抱っこしてもらいたいし、

 

どこかに向かうとなると、子供の足でのんびり歩くより抱っこした方が早い。

 

そんな感じの親子とすれ違ったときに、子供が何やらつぶやいています。

 

「くーつー、くーつー。 」

 

 

何も考えずほほえましく聞いてたのですが、

 

少し先に小さな靴が落ちているのが見えました。

 

振り返ると子供が目でその方向を見ています。

 

あわてて靴を拾いに行き、お父さんのところまで戻りました。

 

 

足をぶらぶらさせて靴を落としてしまうことを、

 

子供のこととしてほほえましく思えるのも、

 

そんな時期をとおに過ぎてしまったからでしょう。

 

 

楽な抱っこの仕方とか、いつまで抱っこすればいいのかという、

 

そんな話でなくてすみません。

 

 

肥塚

 

『市中感染 』に気をつけろ!?

20年07月16日

感染拡大警報が響く中、今日も東京の感染者数が過去最多を更新とこと。

 

クラスターという個別集団内での感染で火が付き、

市中感染が広がっているとの見方をされています。

 

ただ、これに気を付けないといけないと言われても、

今の対策から変えていく何かは特に目新しいこともないようです。

 

専門家が最後に言うことも変わるところなく、

マスクしっかり、3密を避けて、手をよく洗いましょう。

これらは第一波の際から、言われて来たことです。

 

せっかくとりあえずこれだけ守ってたら大丈夫な感じでやってきたのに、

一部個人が経済活動と称して守らないといけないところまでルーズになったために、

クラスターを中心に感染拡大は始まりました。

そして、市中感染という簡単な言葉で、一部の人たちだけでないよと

また締め付けを強めないといけなくなりました。

 

でも、それまでやってきたことに何かを付け加えることがないのなら、

大丈夫な場所は大丈夫だし、大丈夫な場面は大丈夫。

そして大丈夫な人は大丈夫なのだと思います。

 

肥塚

問い合わせる

20年07月14日

お電話でのお問い合わせというのは、色々な方がいて、

どれだけその人の疑問に答えられたのか、今でも反省することがあります。

 

私は、どこかに電話で問い合わせるとき、

何かしら調べているけれども、全部を見て自分の疑問を解決するよりも、

聞いた方が早いと思うタイプです。

 

疑問の内容がはっきりしていれば、シンプルに聞いて終わりですが、

聞きたい事がぼんやりとしたまま、電話してしまうこともあります。

そんな時でも、対応してくれる方が、ぼんやりをスッキリ解決してくれると、

素晴らしいなと感激してしまいます。

 

この間、当院へのお問い合わせに対応したときのことです。

若め女性の声で、「リラクゼーションはやっていますか?」。

 

特に症状の改善を主としない要望にも、

ツカレトリコースとして女性スタッフが対応するようになっているのですが、

たぶん、この方の求めているのは明かりを落とした間接照明やアジアンテイストの雰囲気、

ヒーリングのBGMでのんびりウトウトという感じだと思いました。

 

この方とは、率直にざっくばらんにお話が出来たので、

お互いのイメージをすり合わせることができた・・・と思います。

その場での予約にはなりませんでしたが・・・

 

お問い合わせも接点として、大事にしていきたいと思います。

 

肥塚