メニュー

treatment-scenery

施術風景

20年前の骨折の影響

20年12月29日

70代女性が、股関節の痛みでお見えになりました。

立った感じ、左側に重心を寄せ、上体を右側に傾ける姿勢であることをお互いに確認しました。

 

左側の膝が不安定で真っ直ぐに体重が載せられないことが原因でこうなっていますが、

お話の中で、

20年前に左足の甲を骨折して2ヶ月松葉杖であったことが分かりました。

 

股関節の痛みが膝のグラつきから起こり、足首の骨折がその原因という、

人の身体が長年かけて悪くなっていく過程がそこにはあります。

 

これを医療機関では加齢と言います。

そして股関節の痛みの行きつく先は人工関節です。

 

しかし、悪くなっていく過程で手を入れることが出来れば、

そこに行きつくこともありません。

 

加齢をいかに考えるかは本人次第のところで、

身体のことを正しく理解していくことが、

フレイルやロコモティブシンドロームの一助になると思います。

 

 

 

 

マッサージ屋さん泣かせとは

20年11月13日

筋肉を扱うプロフェッショナルはマッサージ師さんですが、

筋肉の固まり方によっては、お手上げされることがしばしばあります。

今日いらした患者さんも、その流れで見えました。

 

仕事でたまに腰痛が出てきて、いつもは自然に治るのが、

今回は中々治らずに、マッサージに行きました。

そこで言われたのが、

『歪んでいるからそれを治さないと筋肉は緩まない」

 

僕らの施術の中心は矯正。骨・関節に加える力です。

そもそもの筋肉と骨・関節の関係を簡単にいうと、

筋肉の両端は骨。別々の骨なので、間が関節になります。

筋肉が固まり方によっては、関節に問題が起きています。

この場合だと、関節の調節、すなわち矯正をしなければ筋肉は緩みません。

 

経験が長く、筋肉をよく知っているマッサージ師さんほど、

緩まない筋肉はすぐ判別します。

 

今日の方も、マッサージ師さんからのバトンを感じました。

泣かせの筋肉も、関節の調節が上手くいき、するすると緩みました。

たぶん、大丈夫です。

 

肥塚

 

ちなみに餅は餅屋ということわざがありますが、

マッサージと整体は、それぞれに深い技術があるので、

どちらかを極めるべく努力していかなくては、一人前になりません。

僕には、マッサージは出来ません。

定期的に背中が痛くなる

20年11月01日

多くの患者さんのお悩みの一つは、繰り返す症状だと思います。

 

「同じ場所がいつも凝るし痛くなる。マッサージで良くなるが、しばらくするとまた同じようになる。」

 

今回の患者さん(40代男性)もその一人。

背中の症状が出てきたのが2,3年前。

数か月に一度はマッサージや整体に行って解消してきました。

 

これを繰り返していくと、やはり何でこうなっちゃうんだろうという疑問がわきます。

これを紐解いていくのがからだすまいる流(^^)/

 

出てくる箇所には、必ず理由があります。

この方の場合もやはりありました。

右膝のおかしさを指摘すると、運動すると膝に来やすいとのこと。

また、いつも左側の足に重心をかけていることを気にされていました。

 

背中の症状に膝が関係してるとは、

にわかに信じがたいことだと、

これを読んだ限りの皆さんの気持ちは分かります。

 

しかし、これを施術を進めていく中で、ご本人が実感していきます。

もちろん、今回も背中の症状はなくなるのですが、

からだすまいるはこの実感がおまけです(^^♪

 

何がどうなって、何でそうなって、じゃどうすればいいのかまで、

分かって生活すれば、この先の繰り返しが必ず変わります。

 

ただ、姿勢を気を付けなければいけないんですねという結論は、

ほとんどの方で状況が変わることがありません。

 

この先まだ何十年も使い続ける身体だからこそ、

使い方を知ることは、代えがたい知恵だと思うのです。

 

肥塚

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは肩こりではなかった!

20年09月07日

施術の現場では、目からウロコということが珍しくありません。

普通だったことが普通でなくなるからです。

 

先週にお見えになった方の主訴は、

慢性的な左の肩こりでした。

 

肩こりは、こちらに見える最も一般的な主訴です。

が、左側だけそして痛いとなると、これは一般的ではありません。

 

本人は、もう何年も(何十年という人はまた別)この状態で、

みんなこんなものなのかと・・・

だとしても、ちょっと今つらすぎるし・・・

今からこのつらさだと先が思いやられる・・・

 

症状に対するその人の評価と、診る側の評価が違うことがあります。

身体の感覚は、人と比べることができませんが、

診る側は、正常、通常、自然と比較して判断します。

 

今回の方は、一般的な肩こりいうよりも、

左側の支持機能の低下→肩関節の亜脱臼からくる首・肩の痛みだと判断しました。

支持機能の低下は、見た目、触診に加えて、

10年前の左膝の怪我ということで、確定とさせていただきました。

 

 

 

 

 

腱鞘炎、ばね指、弾発指。

20年07月28日

タイトルの症状が、40代以降の女性に起こりやすいのですが、

最近、何の理由かわかりませんが、集中してお見えになってます。

 

この症状が出る方に多い特徴があります。

それは、グーのつくり方と指の伸ばし方です。

 

正しくはグーは、他の4本の上から親指をかぶせるのですが、

よく親指が他4本指の中に入る方がいます。

また手を開く(指を伸ばす)のに、反り過ぎる方も特徴的です。

 

手を開いたり、閉じたり、あまりどうやってやっているか考えたこともないと思いますが、

この症状の根本的なところは、普段からどうやって手を使い、物を触っているかが、

40年、50年にわたって行われてきたことです。

 

使い過ぎというのは、その使い方の中で、起こることなので、

同じ職場や同じことをしててもならない人はなりません。

 

厄介なのは、症状が出てからしか手の負担に気づけないこと。

手や肘から先の腕などは、かなり疲労が蓄積しても肩こりのように感じないものです。

 

当院では指・手首の矯正と手の平の筋肉・筋膜を緩め、

肘や肩、首までのつながりで施術を行います。

また、使い方を改めて知っていただくとスムーズに改善していきます。

正しく恐れる・・・②

20年07月12日

もしコロナに罹ってしまったら・・・

 

インフルエンザよりもつらい病床で、

重症化するのではないかという不安はもちろん、

つらいときにはネガティブになるもので、

もしかしたら死ぬのではないかと思うのかもしれません。

 

NHKスペシャル「タモリ×山中伸弥 人体 VS ウイルス~驚異の免疫ネットワーク~」

 

この間やっていた番組のお話を患者さんがされていて、

ウイルスに侵入に対応する免疫の作用の仕方が、

とても分かりやすく説明されていて、感銘を受けるほどだったそうです。

 

もしコロナではなくとも発熱の際には、ただつらい苦しいだけでなく

免疫が戦っているイメージがこの方の頭には浮かんでくるでしょう。

そして、それが少なからず精神的に作用して、治り具合も違うのではないかと思います。

 

分からない、知らないことが怖さになっているコロナ渦です。

垂れ流される情報に振り回されることもありますが、

基礎的な知識が怖さを軽減してくれることは確かです。

 

肥塚

 

正しく恐れる・・・

20年07月10日

たまに患者さんのお話でハッとさせられます。

 

『在宅で自粛生活で、身体が回っていない感じだから、

今年の健康診断はよくないかも(^-^; 』

 

この健康に仕事で携わる以上、

一般の皆さんよりも健康への意識は高く持たなければなりません。

でも、普段この身体で生活をしているのは皆さんと同じです。

私たちと同じ感度をもって物事を見て考えていらっしゃる方は、

一般の方でも少なくありません。

 

この方は続けて、

 

『コロナよりもこの新しい生活様式とやらに影響される身体の方が心配だ・・・』

 

特に普段から運動していない人が、

行動制限をさせられるとどうなるか。

 

運動不足がたたるどころの話ではありません。

必要最低限の行動量が賄えない生活が何か月か続いただけで、

健康状態に響くのであれば、

自覚のないままにそれが何年か続けば、

簡単には元には戻せないところに行ってしまいます。

 

現在進行形で、コロナのリスクというのを、

行動制限によるところの将来的な健康状態と考えられる人は、

コロナを正しく恐れている人だと思います。

 

肥塚

 

足を組まなくなる&首を鳴らさなくなるために

20年02月04日

足を組む、首を鳴らす。

 

これらを自分で何とかやらないようにするのが、

とても困難であることは、当てはまる人にはよくよくご承知のことだと思います。

何年も続けてしまっているので、思っているより簡単でないことも、理解されていると思います。

 

まして、それがとてもひどい肩こりの人や、慢性腰痛を抱えている人にとっては、

もはやより切実な悩みとなってしまっているでしょう。

 

そんな首を鳴らしてしまうことがやめられない人や、

足を組まないようにしてるけれども組んでしまう人には、

ちゃんと取り組めばそれらは確実に改善することをわかってもらいたいと思います。

 

昨日いらっしゃった患者さんで、これを克服した人がいます。

その方も首を鳴らすのが相当な癖になってしまっていて、

つらいのにやめられない状況でした。

 

最初は、施術してもどうしてもやめられないのが続いていましたが、

首や頭蓋骨、背骨、骨盤、股関節と全体のバランスが少しづつ整ってきたとき、

鳴らす回数が減ってきました。

ご本人も鳴らさないようにできるようになってきました。

この時点までくれば、どんどん首のつらさは良くなってきます。

そして鳴らしたくなることも、どんどん減ってきます。

 

今はまだこの段階ですが、

最後は、どうしてあんなに鳴らしていたのか分からないと言うぐらいになります。

 

自分の身体は、今感じていることが当たり前ではなく、

よくも悪くも変わっていくものだと理解することは、

ある意味信心に近いものかもしれません。

 

でも、今から先もその身体で生きていくのだから、

少しでも良い方向への矢印を向けてあげていってください。

台風19号の爪痕

19年10月18日

 

台風で頭痛がする方が少なからずいます。

 

気圧の高低差が身体に影響するのは、

 

普段の1気圧を基準として身体が活動するようにできているからです。

 

ユガミや疲れで身体が緊張していると、もしくはそもそも気圧の変化に敏感な方は、

 

雨でも頭痛がするので、台風となると大変です。

 

毎週のようにやってくる9月は、鬼門の月でもあります。

 

19号が去った今週、

 

頭痛の人、寝違いの人、原因不明の背中の痛み→たぶん虫垂炎

 

に見舞われました。                     

 

その爪痕の対処方法の一つが、整体・カイロです。

 

なんとなく引きずってわからなくなるよりも、

 

ちゃんと整えれば、次来るダメージは少なくなるはずです。

 

肥塚

ボーンアジャスター

19年09月16日

敬老の日。

毎年、近くの市民会館でお年寄りが招待されての公演があり、

今日も朝から、周辺道路は混み合ってました。

 

さて、ボーンアジャスターとは、聞きなれない言葉だと思いますが、

整体とかカイロプラクティックの施術者には、自称として使うことがあります。

 

整体師やカイロプラクターは表向きであって、

矯正をアジャストと言い、主に骨を扱うためにボーンアジャスターいう表現ですが、

技術屋という自嘲的なニュアンスもあります。

 

体を治すという大きな目的と、身体を扱うという意味深さには、

少しそぐわない語感の響きがあるのですが、

やはりボーンアジャストが生み出す効果には限りがなく、

どこまで技術が上がっても、驚きが尽きることがありません。

 

この言葉自体は死語になりつつあり、

僕自身も久しぶりに思い出しました。

 

肥塚