メニュー

?>

blog

ブログ

頭痛は頭の中の問題ではない。

13年01月28日

 

 

2013年1月28日(月)

 

 

頭痛の対処方法として、一番多いのが頭痛薬です。

バファリン、ノーシンだけでなく、市販薬はとても充実しています。

 

 

でもこれは痛み止めで、根本的な解決ではないと、

頭痛薬を携帯している人達は、既に知っていることです。

 

 

次にお医者さんで診てもらう時に、

必ず検査するのが『脳』。

MRIで画像診断するのですが、これで何かが見つかる人は99%以上いません。

これで何かが見つかるということはオオゴトであって、

そんなことになれば、頭痛どころの騒ぎではありません。

頭痛が非常に多岐にわたる問題の表れとして出る症状の中で、『頭の中』が原因となる場合は限りなく少ないと言えます。

 

 

ほとんどの問題は、頭の外。頭蓋骨のゆがみや、頭蓋骨を覆う筋肉の問題です。

肩こりからくる頭痛とは、肩や背中の筋肉の続きで、頭を覆う筋肉が緊張しておきるということですね。

 

 

もちろん、最悪のケースを排除するためにMRIは無意味ではありません。

むしろそれがないか確認できたということに意義があります。

 

 

だから、そこでガッカリすることはありません。

 

 

頭痛の対処はそこから始めましょう!

 

 

ということで、頭痛のほとんどは頭の外の問題なんですね。

 

 

もちろん、カイロ・整体が有効です。

 

 

 

 

☆___________________________________________________________

朝霞市で整体探すなら、『ぼきぼきしないでよくなる整体』【からだすまいる本舗】

___________________________________________________________☆☆

♪2013年OPEN!兄弟店『からだすまいる上板橋』https://karada-smile.com/♪♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慢性腰痛・肩こりをあきらめない。

13年01月23日

『人にはわからない自分の痛み・つらさ。』
症状のひどくそして長期化している人ほど、この感覚をお持ちでしょう。
治らない・・・、そしてそれはなぜなのか。
それは、個人の痛みを解明しようとする時に用いられるメカニズムの限界を示しています。
整体・カイロは、このメカニズムそのものを、なにかにとらわれることなく追求できる集団です。
なぜからだは病むのか。それは病む前の状態から研究されています。
予防という表現は適当ではありません。
全ては既に起こっていて、その続きなのです。一番わかりやすい言葉が『ユガミ』ですね。
誰もがゆがんでいるという話や、「ゆがんでるけど痛くはない」といわれることもあるように、問題は『ゆがんでいるかゆ
がんでいないか』ということではありません。
その人が働きかけて『ユガミ』が形成されるから、その働きかけを変えない限り、『ユガミ』はさらなるエスカレートを続
け、どこかで痛みへとつながっていくということが問題なのです。
だとすれば慢性腰痛の方で「一生付き合っていかないといけない」というようなケースは、ほとんどないと言えます。
あきらめるのは苦しいこと。
向き合うことはしんどいけど、苦しくはありません。
よくなる希望はいくらでもあって、特別なことではないと思います。

☆___________________________________________________________

朝霞市で整体探すなら、『ぼきぼきしないでよくなる整体』【からだすまいる本舗】

___________________________________________________________☆☆

♪2013年OPEN!兄弟店『からだすまいる上板橋』https://karada-smile.com/♪♪

空気の抜けたタイヤとからだの歪みの関係

13年01月23日

からだのゆがみを、見た目のカタチとして思われることが多いのですが、
私たちが骨を矯正するのは、
カタチを整えるためではありません。
ゆがみは働きです。骨の働き方が歪んでいるのです。
骨の働きとは、「支え」と「動き」です。
じっと立ってたり、座ってたりするとき、
重力に対して正しい方向につながっていることが、
構造上、支えているという働きなのです。
この時、関節はクッションになります。
動きも関節を介して骨がうまくつながっていることで、
動きとなります。
この「支え」「動き」の働きが出来ているかどうかを判断して、
出来ていなければ出来るようにするのが矯正です。
でも、イマイチの骨の働きって感じられませんよね。
だから、こう考えました。
タイヤの空気が抜けた自転車に乗っていると、
とてもしんどいでしょう。上り坂ともなろうもんなら、
その自転車自体が余計な荷物です。
でもどうでしょう。そのタイヤに空気を入れたら…。
さっきまでのしんどさは吹き飛び、
非常に快適な乗り物になります。
どこまでも行けちゃいます。
からだが歪んでいると、
「重く」感じます。
矯正すると「軽く」なります。
気分も一新♪
でも、気をつけてください。
タイヤの空気は、徐々に抜けていくので、
あまりそれに気がつかないことを・・・。
知らない間に、疲労がたまっていき、
からだは「重く」なっています。

☆___________________________________________________________

朝霞市で整体探すなら、『ぼきぼきしないでよくなる整体』【からだすまいる本舗】

___________________________________________________________☆☆

♪2013年OPEN!兄弟店『からだすまいる上板橋』https://karada-smile.com/♪♪

『背筋ピーン』が姿勢に悪い!?

13年01月23日

 

 

「姿勢を正しなさいー!」と子供のころに母親に言われるのは、多くの方が経験しているでしょう。

 

 

「早く起きなさいー!」

「忘れものないのー!」

 

 

と同じようにして繰り返された母親の言葉は、あなたの今の姿勢に大きく影響したでしょう。

 

ですが、結果、今の自分がよい姿勢だと思える人は、少ないのではないでしょうか。

 

 

なぜ、私たちこんなにも姿勢の重要性を知っているにもかかわらず、

 

正しい姿勢でいることが難しいのでしょうか。

 

それには、ある大きな誤解があります。

 

 

最近のタイムリーなCMに、そのことがよくわかります。

 

私の息子が、この春に小学校に入学するのですが、それに合わせて流れてくるCMの音楽。

 

「ラ・ラ・ラン・ランドセルは~て・て・てん・天使の羽~根~。」

 

佐藤弘道お兄さんが、歌って踊るそのあとに、続くセリフ。

 

 

「背筋ピーン!」

 

 

ここに、疑うこともなく「背筋は伸ばすもの」いう姿勢のイメージが表現されています。

 

結論から言うと、背筋を伸ばすというイメージは、はっきり間違いだと言っていいでしょう。

 

 

背骨の背中部分に当たるところは、後ろへのカーブとなっています。

(腰のところが、前のカーブなので、合わせてS字カーブといわれるのを、聞いたことがあると思います。)

 

 

構造的な特徴を無視して、それをまっすぐにのばすという姿勢のイメージだから、

 

姿勢はいつまでたっても、難しいままなのです。

 

 

このことは、整体・カイロの業界では、ある程度常識であるにもかかわらず、

 

一般の方々で、知っている方がまずいない…。

 

 

これでは、一向に肩こり・腰痛はなくならないので、

 

からだすまいる本舗では、その間違いから、どう修正するかということをポイントとして、

 

肩こりの改善をしたところ、

 

 

「学生のころからずーっと肩こりです」

 

 

というような人も、改善出来るようになりました。

 

 

☆___________________________________________________________

朝霞市で整体探すなら、『ぼきぼきしないでよくなる整体』【からだすまいる本舗】

___________________________________________________________☆☆

♪2013年OPEN!兄弟店『からだすまいる上板橋』https://karada-smile.com/♪♪

なぜ『足を組んでしまう』のはやめられないのか。

13年01月23日

 

 

『足を組んではいけない』ということは、当たり前のように思われています。

 

 

なので初めての患者さんに「姿勢は気をつけられていますか」と聞くと、

 

 

「どうしても足を組んでしまうんですよね~」と悪びれながら答える人のなんと多いことか!

 

 

『姿勢を気をつけなければいけない』という想いが強すぎ、

 

 

しかも出来ていないことを指摘されるので、謝ってししまう勢いです.

 

 

でも、出来ないのは当たり前。

 

 

それだけゆがんでいるのですから…

 

 

今は、仕方がありません。

 

 

でも、ゆがみが改善されるにつれて、姿勢が保ちやすくなり、

 

 

足を組まなくてもすむようになります。

 

 

足を組みたくなるあのウズウズ感がなくなるのです。

 

 

「足を組んでしまう」

 

「足を組まないといられない」

 

 

ゆがみそうさせているなら、どんなに意識で抵抗しても仕方のないことなのです。

 

 

☆___________________________________________________________

朝霞市で整体探すなら、『ぼきぼきしないでよくなる整体』【からだすまいる本舗】

___________________________________________________________☆☆

♪2013年OPEN!兄弟店『からだすまいる上板橋』https://karada-smile.com/♪♪

口コミに感謝!

13年01月23日

 

 

その患者さんは、口コミでいらっしゃいました。

 

 

肩こり・腰痛がひどく、整体に行っててもしばらくすると戻ってしまうので、

改善される気がしていないとのこと。

 

 

通っている足つぼサロンの先生に相談したところ、こちらのことを教えてくれたそうです。

 

 

同業の方で、宜しく言ってくださるのは、とても嬉しいことです。

 

 

HPの内容は、『私はこんな風に治療します』というよりも、

 

 

患者さんの『整体って痛いの?』とか、

『すぐ戻ってしまうんじゃないの?』とか、

 

 

よくある疑問に応えることを意識して書いています。

 

 

もちろん、どんなに言葉を尽くしても、伝えきることはできませんが、

 

 

それでも、どんな方にも理解できるように試行錯誤をしています。

 

 

整体・カイロプラクティックは、正しい認知をされていないことに危機感を抱かないといけないと思うのです。

 

 

そんな中での、同業の方の口コミにとっても嬉しくなったのでした。

 

 

☆___________________________________________________________

朝霞市で整体探すなら、『ぼきぼきしないでよくなる整体』【からだすまいる本舗】

___________________________________________________________☆☆

♪2013年OPEN!兄弟店『からだすまいる上板橋』https://karada-smile.com/♪♪

聞く力~問診

13年01月23日

 

 

患者さんを診る醍醐味のひとつは、

患者さんの一番の悩みを掘り起こすことです。

 

 

初診時、患者さんは症状を訴えます。

しかし、自分の症状を簡潔に言えない場合もあります。

 

 

肩こりもするし、腰も痛い…。

今はひどくないけど、なにかとひどくなる…。そんなのがいつからか、いつも間にか・・・。

 

 

そんななんとなくのことを

 

 

初対面でどこまで言っていいのか…。

何をどうしてくれるかもわからないし…。

 

 

患者さんは、整体やカイロに来て、自分の体をどうしてくれるのか

どうなるのかがイメージできずにやってきます。

 

 

そんな患者さんに対して、

「ここの骨がズレてているのが原因ですね」と説明すると、

 

 

①「あぁ、そうだったんですか!!」(反応よし)

②「あぁ、そうなんですか。」(普通)

③「はぁ、そうですか・・・」(いまいち)

 

 

この中で、施術側として一番うれしいのはもちろん①。

でもその割合はあまりにも少なく、ほとんど②③となります。

 

つまり、患者さんが説明を受けて納得できるということは、

普通に少ないいうことです。

 

 

でも、もう少し患者さんの話を聞こうとした時、

 

 

「腰も痛いけど、それよりも首が最近ひどくなって来ている気がします。

そういえば、回してよく鳴らします。

前よりも増えてますね。

でも、鳴らすの良くないんですよね?

パソコンの仕事なので、目からも来てるのかも…。」

 

 

こんな風に患者さんが、自分の症状について振り返りながら色々と気が付くことで、

悪さをはっきりと自覚してゆきます。

 

 

それに対して骨や筋肉の状況を説明してゆくと、患者さんの耳への入り方も違うものとなります。

 

 

要は、聞くこと。

 

 

かなり慎重な人でも

かなり警戒されてても、

 

その距離を自ら歩み寄っていくことだと思います。

 

 

☆___________________________________________________________

朝霞市で整体探すなら、『ぼきぼきしないでよくなる整体』【からだすまいる本舗】

________________________________________________________☆☆

♪2013年OPEN!兄弟店『からだすまいる上板橋』https://karada-smile.com/♪♪

 

カイロ・整体の選び方

13年01月22日

 

 

医師でない私たちが禁じられている「治療」という言葉を、便宜上あえて使います。

 

 

整体・カイロプラクティックのお店(治療院とかサロンとか含んだ言葉です。)は、

 

 

ここ数年、淘汰を繰り返しながら、大きく二つの種類に分かれてきています。

 

 

一つは治療系。もう一つはリラクゼーション系。

 

 

 

治療系とは従来からある、痛みに対してどう対処するかを中心としたお店。

 

 

リラクゼーション系とは、「普段の疲れを癒しましょー」のおしゃれなお店。

 

 

 

整体・カイロプラクティックのイメージは「ボキボキ」です。

 

 

80年代後半からテレビに映るセンセーショナルな映像のおかげで、

 

 

「カイロプラクティック」という名称も広く認知されるようになったのでした。

 

 

しかし、そもそも整体もカイロプラクティックも「ボキボキ」することが目的ではありません。

 

 

単に症状の改善のための一つの技術であります。

 

 

なんと今やこのイメージは、逆に治療家たちの首を絞めることになりました。

 

 

『本当に困っている人たちが、怖くて近寄らなくなったからです。』

 

 

本来、症状が強い人ほど、治療の期間も回数も長くなり増えます。

 

 

 

技術を磨き、そんな方々の期待に応え、そしてそれが収益となる仕事です。

 

 

難治性の患者さんによって、治療家の生活が成り立っていたのです。

 

 

一方、時代は不況ながら、空前の健康ブーム。ここにビジネスチャンスがないはずがありません。

 

 

リラクゼーション系の整体は、「気持ちイイ」「癒し」を求める方々のニーズに応えてゆきます…。

 

 

 

こうして、この二つの方向性は明確に分かれてきました。

 

 

そして、この傾向はこれからますます強まっていくでしょう。

 

 

なぜなら、その両者の差が、患者さん(お客さん)にわかりにくいからです。

 

 

これからは、治療系もリラクゼーション系も、生き残るためにお店の特徴を打ち出していくでしょう。

 

 

広く集めるよりも、よりマッチしたニーズにアピールすることが、今の広告戦略です。

 

 

「こんな時、どこに行っていいかわからない」

 

 

自分のからだに不調を感じた場合、どうすればいいか…。

 

 

長い人生、先々を見据えてからだを管理することが『自己責任』であると、

 

 

これからますます強調されていく社会です。

 

 

奇しくもオバマ新大統領が、就任演説で「責任の時代」と路線を明らかにしました。

 

 

ここに、これからの私たちが選択するという意味があるように思われます。

 

 

 

◆合わせて読みたい関連記事

『自分の体は誰のため?』https://karada-smile.com/category/blog/page/22/

 

☆___________________________________________________________

朝霞市で整体探すなら、『ぼきぼきしないでよくなる整体』【からだすまいる本舗】

___________________________________________________________☆☆

♪2013年OPEN!兄弟店『からだすまいる上板橋』https://karada-smile.com/♪♪

こだわりの整体・カイロ

13年01月22日

患者さんにとって整体院も、選ぶのがむづかしいものの一つだと思います。

 

 

ネットで情報が集められるようにはなりましたが、いくつも出てくるお店のHPを見比べて、

 

 

「うーん」

 

 

と逆に考えてしまう方は多いはず。

 

 

HPに載せている情報は、場所だったり、料金だったりはもちろんなのですが、

 

 

その中でも私たちが一番お伝えしたいことがあります。

 

 

私たちは、それぞれ経験を積む中で、からだに対して独自の見解を持っています。

 

 

それは、解剖学や生理学といった共通する学問をベースとしながら

 

 

「なぜからだは病むのか」というなぞを追及してきた結果出てくるものです。

 

 

それをなんとかわかりやすい言葉で簡潔に文章を紡いでいくのですが、

 

 

それはとてもとてもしんどい作業です。(作文は嫌いではなかったはずなのに…)

 

 

患者さんにお話して伝えていくことよりも大変かもしれません。

 

 

それでもやはり、HPは自己アピールの場ですからね。多くの方に賛同していただきたいものです。

 

 

☆___________________________________________________________

朝霞市で整体探すなら、『ぼきぼきしないでよくなる整体』【からだすまいる本舗】

___________________________________________________________☆☆

♪2013年OPEN!兄弟店『からだすまいる上板橋』https://karada-smile.com/♪♪

あきらめない膝の痛み

13年01月22日

今日いらっしゃった患者さん。
70歳代男性。通りすがりに入ってこられました。(朝霞では電話での予約がほとんどありません) もう何年も、ひざが痛いとのこと。手術も2度やってるとのこと。
さぞひどい状態なんだと、問診のあいだは思っていました。
しかし…
自転車にも乗ってこられ、歩く姿も痛々しくない。 聞くと、早朝ウォーキングにゴルフも月に3回。
ひざの痛い方のすることではないなーと思ったのですが、
ひざを治すために、よくなるからといわれて手術した・色々と整体やマッサージにも行った・サッカー代表のひざを見ている先生にも診てもらっているなどなど、そこにかける気持ちは並々ならぬものを感じました。
ベッドに仰向けになってもらって、すぐわかったのはアキレス腱のはり。指摘すると、何十年も前に断裂してました。
これだ…
ひざ自体状態は悪いものの、変形してたり、仕方がないとあきらめるほどではありません。下腿後面のつれが膝関節の軌道をずっと妨げ続けてきたのが原因と思いました。
ひざ、足首、股関節、骨盤とひととおり調節し終わると、曲がりにくかったひざが少しスムーズに。
笑顔で帰られました。
患者さんはそれぞれ自分の感じ方があります。それは、他の人間からはかることがとてもむずかしいです。特に長期にわたっている場合は。
この患者さんの場合、お年寄りの膝の痛み→仕方がないという考えでは対処してはいけません。
その方の基準に合わせて、目標を共有することが、私たちの仕事のひとつでもあるのです。

 

 

☆___________________________________________________________

朝霞市で整体探すなら、『ぼきぼきしないでよくなる整体』【からだすまいる本舗】

___________________________________________________________☆☆

♪2013年OPEN!兄弟店『からだすまいる上板橋』https://karada-smile.com/♪♪